スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと卒業!

プロ道

やっとプロになったよ!こんなメッセージをLINEで受け取った。娘からだった。東京に歌の勉強に行って7年。音楽をやる、オペラ歌手になると決意してから、17年経過していた。調布・仙川にある音楽大学に4年行き、その後、研究科に3年。オペラ研修所のマスターコースでも研鑽を積んでいた。これまでの努力や頑張りは親の私でも感心するほどだ。親の経済的なサポートなんか、娘の根性に比べたら大したことはないと思えてくる。京都で演奏するたびに、娘のファンが多くなっていくから、歌の上手さ以上に人を惹きつける雰囲気もあるのかと思う。誰に似たの?っと、知り合いの音楽通に訊かれるが、突然変異かなぁと答えるのみ。親バカだが、次代を担うソプラノ歌手になってほしいものである。

ということで、この4月、オペラ研修所を運営するオペラ団体に所属することになる。こんなプロの道に繋がったのも、東芸に2回チャレンジし2回ともダメ、3回目にチャレンジするときに、師事している先生から今の音楽大学を受けてみたらと勧められたことに始まる。これが娘にとって重要なターニングポイントになった。中学校、高校、浪人、大学時代を通して何度もコンクールに挑戦し、何回も悔しい思いもした。その度に、次頑張るよ〜とメッセージをよこしてくる娘。女房と二人して、何度も演奏を追っかけしたものである。
次の段階に移った娘だが、オペラの舞台に立つにはまだまだ修業が必要だろうし、オーディションを切り抜けて、"役"を勝ち取ることも必要だろう。また、そろそろ結婚の時期にも来ているし(私は気にしていないが、私のお袋は気にしてる)、一生歌い続ける決心とどう共存していくか、考え続けることになると思う。一方、親としては、文化芸術の都・東京で娘の生活拠点をどう支援していくか、向こう2年ほどで結論を出さないといけないだろう。私の退職も見据えて、何か絵を描くつもりだ。17年前に娘に貢ぐことを決心した。このことを思い出して、親ももうイッチョ〜頑張るか〜と思い始めている今日この頃である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。