FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は仕事とオペラ

ドンジョバンニ

久しぶりにこの週末、家でゆっくりした。コンプライアンス講習の講師を務めるのに、以前作った資料に新しい情報を付け加えて行く。仕事をしながら、ビデオ(正確にはブルーレイ/DVDレコーダ)をかけることにした。ビデオの中にはアメリカ映画やゴルフ中継があったり、録画したけど見ていない番組がたくさんあったが、仕事のBGMにはクラシックと決めた。録画したオペラのリストを見ると、ここ何年溜め込んだミラノ・スカラ座とメトロポリタンが沢山あった。

まずは、スカラ座の「ドン・ジョヴァンニ」。ティンパニーの大きな音から始まる序曲は不安で不気味な物語を予感させる。バレンボイムの指揮をチラチラ見ながら、パワポの資料をチェックして行く。幕が上がり、しばらくすると娘が歌ったことがあるアリアが耳に入ってくる。ソチ・オリンピックの開会式でロシア国歌を歌ったネトレプコが歌っていた。年齢は定かではないが、多分もう40歳は超えてるだろう。昔は凄い美人だったが、今は典型的なロシア人の年配女性みたいにかなり太い体形になっていた。その体を小さくして悲しい娘役を演じていた。資料の見直しが終わっても、まだまだドン・ジョヴァンニはつづいていた。後1時間はある。
ドン・ジョヴァンニはモーツァルトの作品。ものの本によると、モーツァルトを厳しく育てた父親に離反する罪深い息子である自分自身を描いたものという。父親の死に目に会えなかったモーツァルトは父の死後半年でこのオペラを書き上げた。アマデウスという映画では、父親の亡霊がおぞましくモーツァルトを死に呼び込んでオペラが終わる。さぞかし、モーツァルトは慚愧の念に堪えなかったのだろう。

次のオペラは、マスカーニの作った「カヴァレリア・ルスティカーナ」。悲しく切ない男と女の物語だ。一幕と二幕の間奏曲。悲しいメロディーがそのシチュエーションにピッタリだと思いながら、先日の叔父の告別式で流れた曲であったことも思い出した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。