FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕面紅葉散策 その1

箕面01

自然会の幹事・新納さんから幹事代行を仰せつかった最初のハイキングは、紅葉シーズン真っ盛りの箕面。その後に箕面スパーガーデンの温泉、ヤオ先生の上海手料理ランチ、夕方の水餃子とたこ焼きパーティーがひかえている。
ハイキング場所は、どんな人が訪れても道に迷うことはない箕面公園だ。こんなハイキングは、新米の幹事代行の私にとってありがたいし、お茶の子さいさい屁の河童である。それでも準備は怠らず、歩くルートをマーキングした箕面公園の地図やGoogleのマップも準備した。それにiPhoneのGPSソフトに国土地理院の地形図をダウンロードして歩きながらルートチェックができるようにもした。箕面ハイキングは万全。そう思っていた。

阪急箕面駅に今回のパーティー付きのハイキング特別企画に参加した面々が午前9時半に集合した。リーダーの新納さんは京都嵯峨野のあるお寺で勤め始め、しばらくこの自然会ハイキングには参加できない。新納さんの代わりにハイキングを初めてリードすることになった。参加者がゼロだったらどうしようとか、雨が降ってきたらどうしようとか、なんでも初めてというのはヤキモキするものだ。これも修行のうちと思い、友さんと一緒に箕面駅の改札を出だ。すると、メンバーの中村先生が待ち合わせ場所に立っているではないか!先生に声をかけると、私は少し安堵した。しばらくすると、劉さん、陳さん、鞠さん、ジアンさん、富本さん、余さんが集合した。松下さんが午後からの餃子作りから参加することになり、全員定刻までに揃った。新米幹事に優しい人たちだ。
早速、人数を確認し、箕面の紅葉を楽しむ人たちの間を縫って、ヤオ先生宅に向けて出発した。ヤオ先生の家は箕面スパーガーデンの真ん前に位置し、道路からほんの少し離れた、急な坂道を登った場所に建っいて、窓から土産物店が並んだメインストリートが見える。箕面大滝へ行く観光客やハイカーで溢れるメインストリートの喧騒とは無縁である。
我々メンバーがヤオ先生宅に着くと、先生は中国から出張してきている若手弁護士さん2人と一緒にハイキングしましょうと言いながら、外に出てきた。私はキャスター付きのトランクをヤオ先生宅に置いた。たこ焼き作りに必要な鉄板、粉、タコ、直径40センチのボール、かき混ぜ機なんかが入っている。
「ヤオ先生の所においておく物はありませんか?」と私はメンバーに聞いた。
水餃子に腕を振るってくれる劉さんはショルダーバックから短い麺棒を取り出して、ニコニコしながら出てきたヤオ先生に渡した。水餃子の材料は、近くのスーパーで買うから問題ない。
全員で12人。先生宅からハイキングはスタートした。まず、先生の家の裏にある“西江寺”を覗くことにした。幅1メートルほどの路地を進んでいくと、西江寺の入り口があった。鳥居の周囲に、紅葉したモミジやカエデがある。境内に入っていく。すると、真っ赤に染まったモミジ、オレンジ色のモミジ、黄色のモミジに山吹色のカエデ。黄色から赤の暖色系のグラデーションである。陳さんが4色のモミジの葉っぱを見つけて、悦に入っている。
西江寺の後ろに位置する聖天閣を抜けて箕面川の上流に向かった。目下に箕面大滝へのメインストリートがあり、人の波が見える。しばらく川に沿った舗装されたメインストリートを歩くしかない。土産物が店先でモミジの天ぷら、たこ焼き、イカ焼き、焼き鳥、おでんを売っている。香ばしい匂いが漂ってくる。川と道がくの字に曲がったところにある昆虫館の前で、子供連れが列を作っていた。

箕面05

我々は昆虫館の角を龍安寺霊園のほうに曲がった。私は何とか最初に計画したハイキング道に戻ろうと思った。川沿いの道は人だらけで、ハイキングをしている気分にならないからだ。歩きながら周囲を見物する時ほどハイキングメンバーを誘導するのは難しい。メンバーの関心は紅葉であって、より美しい色のある方向へと進む。左に行くべきところを右に曲がり、メンバーは弁財天の神社へ流れていく。境内の木々は最高に紅葉し、曇りの天気でも色鮮やかだった。光の加減でピンク色に見えるモミジは、余さんが着てきたダウンのコートの色とお揃いであった。

箕面03

箕面04

私はどうしても展望台に行きたかったので、ヤオ先生に展望台へのルートをどうしようかと相談した。
「じゃあ、楓橋を渡って、川の反対側のルートで大滝に行きましょう」と、地元通のヤオ先生は提案した。
みのお弁財天を後に、我々は川を渡って、人通りの少ないハイキング道を歩くことにした。橋を渡ったところに孔子と松下幸之助の石碑があった。前者は「・・・・、朋遠方より来る有り、亦楽しからずや・・・・」、後者は「前進」。私たちは石碑の前で写真撮影した。
(その2に続く)

箕面06
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。