FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東へ西へ

方向
(テルアビブの友達が送ってくれた写真。東へ西へ世界は続く)

女房は東へ、私は西へ。女房は娘の卒業演奏会を見に東京へ。私はゴルフをしに丹波篠山へ。演奏会の一日前に娘に会い、演奏会の準備をするとか何かと理由を付けて、東京に行こうとしているのが見え見えであるが、特段の問題はない。というよりも私自身が“放し飼い”になるので、お互いに好きなことができるというものである。

とは言うものの、当然、お昼や夕飯は自分で調達することになる。お昼はゴルフに行けば、クラブハウスで食べられるし、運動とランチで一石二鳥。とりあえずお昼の問題は解決した。夜は外食しようと考えたが、独りで食べるのも嫌だから、友達にメールしたら、「独りで時間を過ごすことに慣れないといけないよ」と言われ、確かにそうだと合点して、自分で夕飯を作って食べた。定年退職でもしたら、毎日が日曜日。年がら年中、女房の姿を追い掛け回すのも問題だし、お互い自由を尊重しないといけない。

で、今日の夕飯にはこの3週間ほど食べていなかったうどんが食べたいと思った。本当は鍋焼きうどんが良かったが、冷凍庫には天ぷらはなかった。天ぷらも卵なし(卵は一週間に1個のみ)の鍋焼きほど寂しいものはない。だから、カレーうどんを作った。他に、どんぶり一杯の野菜サラダ、ミルク、金麦。カレーうどんの作り方はいたって簡単。カレーうどんのレトルトの封を切って、カレールーを鍋に入れて加熱。大きく刻んだ葱と竹輪をカレーに投げ込む。うどんは冷凍しているのを熱湯で溶かして、別の鍋で湯がき、鍋から上がる湯気を嗅いで、うどんの茹で具合を見る。茹で上がったら、それをカレーにぶっこみ、うどんとカレーをなじませる。最後に、カレーのとろみをみながら、別に水で溶いておいた片栗粉を注ぐ。ルーがどろっとしてきたら、カレーうどんの出来上がり。さて、お味のほうはまあまあ。私の腕ではなくレトルトで決まるから仕方がない。
こんなに炭水化物を摂ったら、明日は5キロほど歩かないと、お腹に肉がついてしまう。せっかく、先週は奈良県吉野に花見ハイキングで沢山歩いたし、平日も通勤に5キロほど歩いているのが、たった一日の炭水化物の誘惑ですべてがおじゃんになる可能性もある。私の同僚がサラダばかりを食べて減量に挑戦したが、そのリバウンドが出て、元の木阿弥以上になってしまったとか。私はそうはならじと、しばらく炭水化物とはお別れすることにする。

今日、ゴルフ場を歩き回って10キロ。まだまだ寒くって、本物の青虫はいなかったが、4カ月ぶりの“青虫君”のゴルフはまあまあだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。