スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなGWもいいもんだ

自転車1

GWの真っ只中、華々しいイベントはない。摩耶山ハイキングを1日、日帰り温泉が1日。朝から晩までDlifeチャンネルを見ていたのが1日。ダイニングにあるテレビと居間にあるブレーレイデッキをネットでつないで双方向で録画が見れるようにしたのが1日。木津川サイクリングが1日。そして、今日は昨日のサイクリングで乗った自転車の修理。

朝から太陽が燦々と輝き、真夏の様相を呈している。絶好のサイクリング日だが、大腿部に張りがあって運動する気になれない。ということで、昨日乗った自転車の修理をすることにした。故障はフロントディレイラーという前のギアチェンジ機構で、ハンドルに付いているギアチェンジのダイヤルを変えても、3段目に切り変わらないというトラブルだった。そのせいで、木津川サイクリングではそれほどスピードを出せなかった。以前からギアチェンジがしにくいなあと思って、アサヒ自転車に修理に持っていって見てもらったのだが、また調子が悪くなったのだ。

納屋から自転車を出して、ペダルを手で回して、チェーンと歯車の噛み具合を見る。ハンドルのギアの番号をカチャカチャと変えると、3枚重ねの歯車の上にあるディレイラーが小さい歯車から大きい歯車に移動するはず。でも、一番大きい歯車の手前でディレイラーがもたついて、チェーンが真ん中にある2番目の歯車に座り込んだままだ。まるで小さな子供が「乗りたくない〜」って駄々をこねているみたいだ。

ドラブルの原因がわかったので、修理を始める。手袋をしてディレイラーと駆動機構をバラバラにする。事前にネットで調べたフロントディレイラーの調整方法をここで試してみる。チェーンについた黒っぽいグリースが軍手の指先に付く。この試みが今日1日朝から夕方まで時間を費やすことになった。
ディレイラーのバネの圧力、ディレイラーの位置、ハンドルからのワイヤーの張力の3つの要素が微妙に絡まって、3つの歯車の内、2つまではうまくギアチェンジできるようになったが、3番目の歯車までカバーできない。朝2時間、午後3時間、分解に分解して部品を何度も取る付け直したが、全くうまく行かなかった。昨日のサイクリングの所要時間とほぼ同じだ。結局、気がついたら日が陰ってきたので、明日、再チャレンジすることにした。

日光がさす裏庭のパティオにじか座りして、六角レンチにスパナ、ねじ回しなんかを駆使?しながら、油まみれのメカメカした物を手で触った今日1日。悪戦苦闘した日でもあった。直らなかったが、久しぶりに物事に没頭し、そして堪能した1日で、気分は最高。華々しくないGWにあって楽しい1日でもあった。

自転車2
(指で挟んだ部分がディレイラー。ここが言うことを聞かない)
スポンサーサイト
プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。