スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平穏な日曜日

桜


覚めて、ベッドのすぐ上の窓のカーテンを少し開ける。薄曇りに朝日がさしている。昨晩の嵐はもう過ぎ去っていたようだ。天気が良ければ、琵琶湖にサイクリングに行きたい。枕元に置いているiPadを開いて、天気予報を見る。天気はそんなに悪くなさそうだが、琵琶湖周辺は風が強いという。今日はサイクリングはダメだな。そう思いながら、私は隣のベッドで寝ている女房を見ると、身動きもせず熟睡していた。
ベッドの中でグズグズすることに決め込んだ私は日経ネットやFBを見たり、来月のハイキング先をGoogleしたりしていたが、8時を回ったころに地域の有線放送が一階の居間から聞こえてきた。
「今日午前10時から桂坂古墳群を特別公開しています。是非、皆さん、お連れ合わせの上、お越しください」
土日になると朝っぱらから大きな声で、こんな案内を放送してくる。日によっては、地域イベントや防火防犯の注意喚起、古紙/食用油の回収の案内もある。申しわけないが、そのほとんどを聞き流している。
起きてきた女房に、「午後から古墳を見てくるよ」と言いながら、午前中をどう過ごそうかと考える。ベッドから起きて、温野菜の朝食をとり、ブルーベリーとルテインを一錠ずつ飲む。テレビのチャンネルを切り替えていると、速水もこみちのイタリア食紀行という番組をやっていた。スパゲッティー・カルボナーラの発祥レストラン「Trattoria Perilli」がコロッセオのすぐ近くにあるという。私自身、カルボナーラは好きではないが、この4月下旬ごろからローマの音楽院に短期留学する娘に知らせてやろうと思って、グーグルマップで調べた。だが、全然違う場所にある。多少コロッセオから離れていても、日本とイタリアとの間の距離に比べると、“隣”みたいなものなのだろう。
こうやって、時間を消費するのは気が引けるが、昨日の過酷なゴルフの疲れを癒すにはちょうどいいかもしれない。
お昼ご飯を自分で作って、古墳を見に身支度をした。“ご飯”と言っても、胡麻だしうどんに冷凍のタコ焼き4つである。

公園桜

ご飯を食べて、早速、家から5分ほどの離れた公園にある古墳群に向かった。今朝未明まで降りしきっていた雨で公園のソメイヨシノは散ってしまい、公園の散歩道に奇麗なピンクの模様を描いていた。残るは枝垂れ桜。古墳群公開の立て札を見つけて、その方をたどると見学の受付テントがあった。
「こんにちは。ご苦労様です」私はそう挨拶して、保存会のメンバーに聞いた。
「私で何人目の見学ですか?」
「46人目です。午前中は雨が降っていましたからね」
そんな会話をして、私は7世紀ごろに作られた古墳の森に入って行った。

古墳1古墳2

スポンサーサイト
プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。