スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉三昧

ポストと雪

正月があけて、休み毎に雪が降ったりして、愛宕山登りとかゴルフとかがすべてキャンセルになってしまった。代わりにお餅やお菓子やミカンなんかを食べながら、テレビを見る。それ以外、身体を動かすことがないので、近くの日帰り温泉に通う。
温泉に行くと、まず最初にジャグジーに浸かる。湯船の縁を枕にブクブクと泡立つ湯の中で足を伸ばして、目を瞑る。いつの間にか、子供たちが来ていて、潜水ごっこを始めている。私は伸ばした足を畳んで身体を起こす。ここの温泉は綺麗だとは思うけど、プールとは違うから、潜るのはやめたほうがいい、と思う。子供たちが行ってしまうと、湯船に平和が訪れる。20分ほどジャグジーに浸かった後、露天風呂に移動する。ひんやりした空気に熱いお湯はいい。でも5分ほど入るだけでも、逆上せてきそうだった。うたせ湯を横目に室内に戻り、38℃の湯船に飛び込むと、冷たくもなく熱くもなく、なんとも言えない開放感が身体中に広がる。熱い湯で緊張した身体が緩んでくる。元々長風呂ではなかったが、年がら年中シャワーしか浴びないので、ついつい湯に長居をしてしまう。目を閉じて、両側の縁に腕を乗せて、しばしお昼寝する。
昔、知った人が「私はね、混浴でもスタスタ湯船にはいっていくから、男の人はタジタジとしてるの」と体験を漏らした。豪傑っぽい人だ。ぬるま湯に浸かっていると、とんでも無いことを思い出したものだ。
緩んだ精神と身体に喝を入れるために、水風呂とサウナに向かう。16℃の水風呂にザブッと浸かると、身体がピリッとして眠気が飛んでしまう。冷え切った身体でサウナに入っても暑さはなかなか感じないが、しばらくすると汗が滝のように流れて出てくる。じっと我慢して砂時計とにらめっこ。こうやって、水風呂とサウナと3回往復する。正月の間にいろんなものを食べ続けたお陰であっと言う間に増えた体重は、少なくとも1キロほど減るのは間違いない。ちょうど年賀状の当たり番号で半額券とただ券をたくさんもらった。これは、何回も温泉に行って減量しろという羊の神様の思し召しなのだろう。
スポンサーサイト

大晦日に思う

トレッキングシューズ
(13年前に買った登山靴がダメになったので、今日イオンで買った新しいトレッキングシューズ)

とうとう大晦日。去年の今頃もこんな書き出しでブログを書いていたが、本当にあっと言う間に一年が過ぎてしまった。加速度的に時が去っていく感じだ。仕事も忙しかったが、休みの日も忙しかった。
言い訳ではないが、ブログ更新とゴルフ、本読みはかなりサボった。その代わりに、ハイキング、サイクリングに合宿は力を入れた。年52回しかない土曜日の約半分はこれらアウトドア活動に費やした。一見すると、アウトドア派に変わったと思われるかもしれないが、テントでキャンプとか登山とかは苦手で、偽アウトドア人間なのだ。

さて、来る年、正月3日は愛宕山に登る。ハイキングの会の恒例イベントだ。明日元旦の天気次第だが、たぶん7合目から上は雪が沢山あるだろう。新しいトレッキングシューズに簡易アイゼンを付けて登らなくてはいけないかもしれない。寒くて凍結した雪は滑りやすくて危ないが、一歩一歩確実に進めば、頂上のランチが楽しみだ。仲間と一緒に作る鍋焼きうどんはさぞかし美味しいだろうなぁと思う。
来年も色んなことに頑張るぞーと思いながら、後半時間ほどで2015年を迎える。

読者の方々も良い年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。

歯医者のこと

アマルガム
(ヒビが入っていたアマルガムの残骸。ご苦労様)

4年ぶりに歯医者さんに会った。できれば、一生見たくない医者の部類だ。ところが、ここ最近冷たいものを飲むときに右の奥歯がしみる。たぶん、原因は詰め物にひびが入ったからだろう。以前もそうだった。
どこの歯医者がすぐ直してくれるか女房に聞いても、ネットで調べてもなかなか決め手がない。というのも、1日で治療が終わる歯医者さんがないか探していたからだ。もう廃業してしまったが、最後に診てもらった六人部という大阪の歯医者さんは1日で治療してくれた。その歯医者さんは大阪地裁の向いにある古い雑居ビルに診療所を構えていた。そこは、97歳になる伯母が長年通っていた歯医者だった。診療所は5階建の2階にあり、エレベーターといい待合室といい、昭和の匂いが漂っていた。伯母より20歳は"若い"六人部先生と、さらに10歳ばかり若い受付嬢がいた。まるで老人ホームのような歯医者であった。
朝6時半に六人部歯科を訪ねると、先生が白衣を着て待っていた。古めかしいリクライニング席に座り、口をあんぐり開ける。ドリルがキーンという嫌な音を出し、虫歯を削る。背中からお尻にかけて、冷汗が出る。時折、シュッシューとエアで口の中を綺麗にする。一番しみるタイミングだ。これを終わると歯型を取る。これで30分ほど。仮の詰め物をして終わった。受付嬢に午後4時に来てくださいねと言われて外に出た。で、午後4時頃に診療所に戻ると、アマルガムでできた詰め物が完成していた。六人部先生自身が作ったモノだ。こんなふうにして1日で修理できたから、年がら年中忙しい弁護士とか裁判官とか、地裁に関係ある人たちがクライアントであったらしい。言わば、裁判所御用達の歯医者であったのだ。

で、私の目下の歯問題は、結局、家から最も近い歯医者さんにすることにした。女房の推薦である。すぐに診てもらえるのが推薦理由であった。でも、虫歯はやはり治すのに一週間はかかる。
嫌だなぁと思いながらも、真新しい歯医者さんのドアを開けた。

こんなGWもいいもんだ

自転車1

GWの真っ只中、華々しいイベントはない。摩耶山ハイキングを1日、日帰り温泉が1日。朝から晩までDlifeチャンネルを見ていたのが1日。ダイニングにあるテレビと居間にあるブレーレイデッキをネットでつないで双方向で録画が見れるようにしたのが1日。木津川サイクリングが1日。そして、今日は昨日のサイクリングで乗った自転車の修理。

朝から太陽が燦々と輝き、真夏の様相を呈している。絶好のサイクリング日だが、大腿部に張りがあって運動する気になれない。ということで、昨日乗った自転車の修理をすることにした。故障はフロントディレイラーという前のギアチェンジ機構で、ハンドルに付いているギアチェンジのダイヤルを変えても、3段目に切り変わらないというトラブルだった。そのせいで、木津川サイクリングではそれほどスピードを出せなかった。以前からギアチェンジがしにくいなあと思って、アサヒ自転車に修理に持っていって見てもらったのだが、また調子が悪くなったのだ。

納屋から自転車を出して、ペダルを手で回して、チェーンと歯車の噛み具合を見る。ハンドルのギアの番号をカチャカチャと変えると、3枚重ねの歯車の上にあるディレイラーが小さい歯車から大きい歯車に移動するはず。でも、一番大きい歯車の手前でディレイラーがもたついて、チェーンが真ん中にある2番目の歯車に座り込んだままだ。まるで小さな子供が「乗りたくない〜」って駄々をこねているみたいだ。

ドラブルの原因がわかったので、修理を始める。手袋をしてディレイラーと駆動機構をバラバラにする。事前にネットで調べたフロントディレイラーの調整方法をここで試してみる。チェーンについた黒っぽいグリースが軍手の指先に付く。この試みが今日1日朝から夕方まで時間を費やすことになった。
ディレイラーのバネの圧力、ディレイラーの位置、ハンドルからのワイヤーの張力の3つの要素が微妙に絡まって、3つの歯車の内、2つまではうまくギアチェンジできるようになったが、3番目の歯車までカバーできない。朝2時間、午後3時間、分解に分解して部品を何度も取る付け直したが、全くうまく行かなかった。昨日のサイクリングの所要時間とほぼ同じだ。結局、気がついたら日が陰ってきたので、明日、再チャレンジすることにした。

日光がさす裏庭のパティオにじか座りして、六角レンチにスパナ、ねじ回しなんかを駆使?しながら、油まみれのメカメカした物を手で触った今日1日。悪戦苦闘した日でもあった。直らなかったが、久しぶりに物事に没頭し、そして堪能した1日で、気分は最高。華々しくないGWにあって楽しい1日でもあった。

自転車2
(指で挟んだ部分がディレイラー。ここが言うことを聞かない)

春のスキンシップ

スキンシップ2

昨晩は遅くまでテレビを見ていた。と言っても、11時ごろまでなのだが。他の人からすると、早寝だねと言われそうだ。普通の日になると、もう10時過ぎにはベッドに入っていて、テレビを見てるかiPadを触ってるかして、いつの間にかスヤスヤ寝ている。

早寝はともかく、早起きは三文の得。日曜も6時には目が覚めて、iPadで日経を読んだりして時間を潰す。カーテンを開けると、天気になりそうだった。こんな時は運動するに限る。来週末には今年初めてのゴルフがあるので、その練習もしないといけない。まあ、今更練習しても上達は期待できないが、無様な姿を見せたくはない。とりあえず、お餅を2個焼いて、お醤油を少しかけて海苔で挟んで食べる。ジョッキの水を半分ほど一気に飲む。ついでに、ホットミルクとコーンスープを一杯ずつ。これで朝食は終わりだ。食べながら、朝の健康番組を見てると、人間はスキンシップが大切だ、特に心の健康に必要だとのコメント。
フーンと納得しながら、ゴルフクラブを車に積む。

スキンシップ3

1時間ほどの練習から帰ってきて、まだ天気が続いていたので、家の周りを歩くことにした。初めは幹線道路沿いを、次に住宅街を、最後に宅地と山の境界沿い。日光を背に受けながら歩くと、かなり汗が出てきた。距離にして6キロ、高低差は100メートル。コース沿いには野鳥公園やら嵐山に抜けるハイキング道(東海自然道)もあり、なかなかいいウオーキングだった。爽やかな春の風に汗が飛んで行くようだった。これが、まさに春との"スキンシップ"なのだろう。

スキンシップ1

プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。