スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホの乗換え

iPhone 6

画面大きさとポイント欲しさに、スマホを替えた。娘がSBからauに鞍替えした時に3万円ものポイントをもらったと聞いていたので、豪華なポイントでちょっとは潤いたいなあと思った。
イオンのSBショップに行き、解約の話にすると、店員さんは悲しそうな顔をした。
「娘がauに切り替えたので〜」
「eoネットに入ってるので、スマホ料金が割引されるみたいなので〜」
こんな言い訳みたいな話をして、解約の手続きをした。だが、私のスマホの契約がややこしいことになっていたみたいで、逆に1万円ほど払って途中解約にすることにした。

SBショップにオサラバして、イオンのスーパーマーケットをひと廻りして、さっきまでいたSBショップの真隣りのauショップに入った。SBショップの店員さんには見られていなかった。
残念ながら、auでは娘がもらった3万円ポイント還元はもうなかった。気を取り直してお店の人にいろいろ聞くと、電話掛け放題、パケ放題、安心パックとか月額料金に関わるオプションや複雑怪奇なポイント還元の仕組みを説明してくれた。店員さんにポイントはどうしたらもらえるかを何度も何度も確かめた。変なおじさんがポイント欲しさに来店しているのが見え見えだったかもしれない。
結局、通信会社の乗換えで1万円分のWAONポイントがもらえて、さらに女房が同じ店で乗換えすると、auウオレットというカードに8000ポイントもらえることになった。その上、eoネットに加入していて光電話を使っていたら、スマホの月額料金が1400円ほど安くなると説明を受けた。三人家族でこの割引が適用できるとなると、月額5000円ほど節約になる計算だ。ただでさえ毎月かなり高い料金を払っているので、毎月5000円は大きいし、夫婦それぞれ18,000ポイントをゲットするのも大きい。
家に帰って、たくさんもらえるポイントを何に使おうかと考えている脇から、eoネットの高速化と光電話の工事をお願いした。すると、工事代と接続手数料なんかで1万数千円の費用がかかると言われ、auの契約手数料みたいなのが3、4千円もかかり、結局、私のもらえるポイントはチャラになった。
世の中、そう甘くはないのである。
スポンサーサイト

謹賀新年

松尾さん

新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
曇りか雪だと思い込んで元日の朝を迎えたら、お日さんが眩しいぐらいの朝だった。女房曰く、ご来光をミスったねって。
お雑煮とおせち料理を前にお屠蘇を戴き、家族全員で新年をお祝いした。元旦に東京で演奏会に出演するから正月には帰れないと言っていた娘が急に年末に帰ってきたから、珍しく家族揃っての元日であった。今年も家族の健康を祈願し、女房と娘の会話を聞きながら元旦の朝食を終えた。
今年は9時前に年賀状が届いたので、少しびっくり。いつも10時頃になるので、まだかまだかと思いながら到着を待っていたものだ。日本郵便のサービスも改善しているのだろう。受け取った年賀状の送り主を確認し、写真やデザインとともにコメントを楽しく見る。

新聞を読んだり、全国各地の中継なんかを見てたりしたので、お昼前になってしまった。慌てて、防寒対策をして松尾大社に出掛かることに。阪急電車・嵐山線で桂駅から二駅先の松尾大社駅まで。通勤並みの混みようで必死に電車に乗った。松尾大社の入り口の大鳥居は凄い人集りであった。参道は初詣の往来とたこ焼きや焼鳥などを売る出店に並ぶ人でごった返していた。午後から松尾さんにお詣りに来るのは久しぶりだったので、こんなに混んでるとは思わなかった。手水舎を通り過ぎて、本殿に向かう。特設の賽銭箱が設けられた本殿の前で賽銭を投げ、二礼二拍手一礼をした。ついでに賽銭箱を覗くと、時折吹くてくる強い風でお札が飛ばされそうになっていた。
女房がお札を求める間、境内の焚き火にあたっていると雪が舞い始め、みるみる吹雪いてきた。粉雪と焚き火の灰を浴びて、娘が咳をしている。いつもなら境内にある蕎麦屋さんに寄って、天ぷら蕎麦とみたらし団子を食べるのだが、この荒れ模様の天気で満員。そんなこんなで、家に帰ってランチをすることにした。
家に着くと、午後2時を少し回っていた。松尾さんで降り始めた雪は止む様子はなく、私の住む街は薄っすら雪景色に変わっていた。今朝の青空と暖かい陽射しはすっかり姿を隠し、寒い寒い冬が確実に進んでいることを感じる元旦であった。それから3、4時間ほどで10センチほど積もってしまったから、今年の冬はかなり寒いのかもしれない。

雪景色

????

夢と月

車を運転している。どこを走っているのか皆目分からない。でも、あまり気にしない。お土産が欲しいと思った途端、土産物屋を道路沿いに見つけた。その近くに駐車しようとすると、バスが猛スピードで突っ込んできて、衝突ギリギリのところまで幅寄せしてくる。数センチの空間を隔てて、車同士が横っ腹を並べ、クルクルと回っている。まるでパラレル・ドリフトだ。後ろに座っている女がギャーっと金切り声を上げた。誰だろうか?とふと思う。
「ちょっとぶつかるじゃないのよ〜‼︎」と文句を言った。
車は何の問題もなかったかのように止まった。さっきのバスはどこに行ったのか。
ドアを開けようとすると、後部座席の女が操作したのか、運転席と助手席の間の部分がガシャとフラットになり、シフトレバーが消えた。と同時に助手席も折り畳まれた。

土産物屋に入り物色する。ウエーブした髪の女が何が欲しいかを聞いてくる。店の女だ。十三の飲み屋の女に似ていないこともない。何かいいものはないかと逆に尋ねた。すると、「これはどう?」と変な物を取り出した。色とりどりのガラス細工でできた円筒のような物だ。「貴方の占いをしてくれるわ」と言い、女が蓋を開ける。その中からピエロが出てきた。小さな頭に黄色と緑の細長い耳、身体は白黒のダイヤモンドパターンのピエロ服、でも顔は見えない。ピエロの口が開いた。「お前は語学ができる顔をしてるだけなのよ‼︎」
あれー、そうだったっけ。ぷいと無視して、別のお土産を探す。

お土産探しはどうなったのか、何故かマウンテンバイクで走っている。場面が変わっても何の不思議も感じない。
道端に積み上げられた雪の小山が残っている。凍結止めの石灰をまいているからか、道は白っぽい。車のこともピエロのこともすっかり忘れていた。行く手に山が現れた。そそり立っている。白色と灰色のツートンカラーで、まるでモンブランのようだった。それを見た途端、もう帰らないと間に合わないと感じた。何に間に合わないか、自分自身でもわからなかった。

ふと目を開けると、午前6時を回っていた。久しぶりに夢を見ていたのだ。夕べの酒とカーチェイス場面ばかりのアメリカ映画の影響だろう。
こんなハチャメチャな夢の話、誰に話せようか。私の心のメッセージをわかってくれる前に、まず聞かれることは------------。

買い替えの問題

自家用車
(大学時代、親戚からもらった最初の自動車。ニッサンのブルーバード510型? )

只今、車を物色中。と言っても、すぐに買うわけはなく、ネットでトヨタ、マツダ、ホンダ、スバルなんかのホームページを見ているだけなのである。というのも、家にある車が2台とも10年を過ぎ、少なくとも一台は買い換えたいなあと思っているからだ。

女房が乗っているのはヴェロッサ。今年の車検で13年。毎年払う自動車の税金が割高になるのに、気に入ってるからまだまだ乗りたいと云う。一方、私の車はWill VSという車。これも買ってから10年を過ぎているが、まだ新鮮さを失っていない。不思議なことだが、私の車も女房の車も自動車メーカーが一度もモデルチェンジをせずに、モデルを廃止してしまった、言わばリストラされた代物。だから、世の中で走ってるこの車種はデザインが変わっていないので、新しいも古いもない。

別に、次の車を何にするか悩んでいるわけではないが、なかなか気に入ったのが見つからない。Will VSを乗り換えるとしたら、コンパクトで燃費が良くてスポーツタイプがいい。ついでに言うなら、前輪をクイックリリースできる自転車が2台載せられるスペースが欲しい。こうなると、ハッチバックでないといけない。こんな風にして車の仕様や使い方をいろいろ限定してくると、買える車が限られるし、見つけるのが難しい。

休みの日に日がな一日、オンオフしながら、ネットを調べて辿り着いた答えはレクサスの新しいハッチバックのモデル。ちょっとお値段がハルけどハイブリッドでスポーツタイプなので、これがいいなあと女房に相談した。すると、「宝クジに当たったらね‼︎」と言われ、この話は即お仕舞い。
うちの景気回復はいつになることやら!と思った次第だ。

大晦日に思う

サイクリング

とうとう大晦日。私の干支の巳年は今日で終わる。私にとって今年の大きなイベントは還暦を迎えたことであった。60歳という一つの人生の節目を単に通過しただけなのだが、この歳になると、一挙に「老人」というレッテルを貼られてしまうようで嫌だなあ、とずっと思っていた。ジタバタしても来るものは来るので、そう覚悟していたら、会社の親しい人たちから還暦のお祝い会をしてもらったり、家族や友達からプレゼントをもらったりして、嬉しく60回目の誕生日を迎えることができた。

そんな年の最後の日、庭に植えられた柿と梅の木を剪定し、パソコンの中の写真データを整理した。中身を見ると、ハイキングの集まり「自然会」メンバーと活動した時の写真が沢山あった。年初の愛宕山登りから始まりハイキングが12回、サイクリングが3回、一泊の合宿が3回、祇園祭が1回あった。特に熊野古道ハイキングや伊勢志摩サイクリングの合宿が楽しかった。こんな遠出のイベントは、昨年(2012年)気が合ったメンバーで合宿した"しまなみ海道サイクリング"がむちゃ楽しくて、その楽しみを再現しようと目論んだものであった。
「最近ゴルフやっている?」と会社の人から聞かれるが、「2、3カ月に一回ぐらいかな。ハイキングと自転車に凝っている」と答える。すると、自分でも何かしら年寄り臭さはなく、まだまだ若いと感じてしまうから不思議である。

この夏、ローマに行った時に買ったパルミジャーノレッジャーノと、大晦日の店仕舞いの時間に買ってきた赤ワインを楽しみながら、今年最後のブログを書いている。NHKのクラシックハイライトでオペラのアリアもいいが、うちの娘はオペラ歌手としていつデビューするのだろうか。そんなことをちらっと思ってみたりする。大晦日という日は、人にいろいろなことを何か整理する形で思わせる特別な日なんだと感じる。後1時間ほどで巳の年に終わりを告げ、来年に向けて仕事のこと、娘のこと、友達のこと、飲み会、自然会、合宿企画などなどに思いを馳せる。

明日になれば、2014年元旦。いつものように京都・松尾大社にお詣りする。そして、3日には自然会のメンバーと愛宕山に登る。こうやって、馬の年が始まる。どんな年になるのか期待したい。読者の方々にもよい年越しであり、また来年もより良い年でありますようにお祈りしています。
プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。