スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏にこんな本はいかが!

池波正太郎 男振

長く放ったらかしにしていたブログ、久しぶりに本を紹介したい。たまたま東京で開催される娘のオペラコンサートに行くのに、新幹線の中でなんか本でも読みたいなあと思った。で、家を出るときに、伊集院静の読みかけの本を持ちかけたのだが、その分厚さに圧倒されて、そのまま机の上に置いて家を出た。それで、京都駅構内の本屋でこの本を求めたのだ。
最近というか、たぶん、ここズーとだろう、すぐに結果が得られるスマホにかまけて、活字をじっくりと追い掛けることを敬遠していた。そういう意味で活字に飢えていたかもしれない。だから、もったいないと思いつつも一気に読んでしまった。その読後感は爽快で、目が少しウルウルした。特に最後の10ページが泣かせるのである。
かなり昔、このブログで「永遠のゼロ」という本が50ページ毎に泣かせると書いたことがあるが、この作者が自民党の勉強会で物議をかもした人物と知って、この作家といい、"永遠の話"も興醒めしてしまった。神風特攻隊員の悲話からすると、もっと人の情けが分かる、デリカシーのある人かなと思っていたが実はそうではなかったようだ。
でも、今回紹介するのは、正真正銘の人情の厚い作家・池波正太郎が書いたもの。鬼平犯科帳でもホロリと泣かされるが、今日のイチオシは「男振」と題した時代モノ。
ある御大名の嫡男のお側役、いわゆる御学友として江戸屋敷に勤めている10歳ほどの者。彼が髪の毛が無くなる病いにかかった。今でいう円形脱毛症だ。この嫡男がボウズ頭になってしまった遊び仲間を酷く揶揄してしまった。まだまだ幼いんだから、そんなことかあっても仕方がない年代だが、馬鹿にされた彼はあろうことか、嫡男をボコボコにのしてしまう。子供の喧嘩だが、武家の時代にあって殿様の後継を痛い目に合わせた家臣の息子を処分しないわけにはいかない。
物語はこんな場面から始まり、陰謀画策、暗殺、そして急転直下意外な結末が起こる。ハラハラドキドキする場面が幾つもあり、頑張れ〜!ボウズ頭と叫びたくなる。でも、必殺の剣を持った侍やら、この紋所が見えぬか!みたいな人物は出てこない。そこは池波正太郎らしく、心穏やかにホロリと涙させる結末に仕立てている。著者のいつもの味が満載されている物語。暑い暑い夏の午後、心に涼しい風を送ってくれる本といえよう。
スポンサーサイト
プロフィール

Hirowa

Author:Hirowa
朝電メモへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。